夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年04月
ARCHIVE ≫ 2007年04月
      

≪ 前月 |  2007年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

犬連れ旅行 (1)

初めて、ワンコ連れで洞爺湖への旅をしました。
洞爺湖

スポンサーサイト

やっと春!

私が春を感じるのはふきのとうや福寿草が、雪の中から顔を出す時です。
今年は4月に入っても暖かくならず、雪も降ったりしていました。
4、5日前から急に暖かくなったので、一気にふきのとうも福寿草も土から出て、花を咲かせました。
川 梅 福寿草

近くの川は、雪解けで水が増水して、ゴウゴウと流れています。
遊歩道を散歩すると、ちょっと冷たい風が頬にあたり、なんと気持ちがいいことでしょう。
梅の木にも固い小さい芽が出始めました。


家に中では、冬に咲かなかったシンピジュームの一鉢が、遅ればせながら咲いています。
昨年いただいたシクラメンもきれいな花をいっぱいつけました。
シクラメンは1年もったのは、初めてです。
いつも、葉っぱばかりか、全部枯れてしまうかです。
また、花を咲かせてくれて、とてもうれしいです。
シンピジューム   シクラメン

ここ北国にも春が訪れました。
何か、浮き浮きしてしまいます。

久々のGドーム

今日は最高気温18度。
昨日と10度も違います。
一向に春にならないと思っていたら、いっきに来ました。
このままとはいかないまでも、うれしいことです。

午後も暖かそうなので、久しぶりにGドームへ行きました。
もう、すっかり雪も解けて、枯れた茶色の芝生と緑の芝生が混ぜ合わさって、歩く感触は春でした。
寒いときと違って、Gドームはワンコ達で賑わっていました。
広いので、そんなに感じないでしょうがね・・・。

Gドーム


端の方はまだ少し雪が残っていました。
この間、アンジーは足を痛めていたので、ゆっくり歩きながら・・・。

こんな広いところにきたら、興奮してはしゃいでいました。
Gドーム1


Gozi君、玲音ちゃんとも会ったよ。
毎日来ているんだろうなぁ~。いいね。

引っ越した・わけ・

昨年の暮れにここに引越してきました。

前の家は、地下鉄から歩ける距離にあったし、閑静な住宅街にありました。
アンジーや麿が思い切り遊べる、広さの家や、庭がありました。

なぜ、引っ越したのかというと、将来お蕎麦屋さんをするためです。
国道に面して角地で観光の帰りにでも、寄ってくれそうな所。

そのため、家や庭も狭くなり、アンジー、麿にとってちょっとかわいそうかな?

私の夫は、志半ばで他界しました。
娘夫婦が後を受け継いでくれることになり、ここまでこぎつけました。

ヒデキ君が3月いっぱいで長年勤めた会社を辞め、いよいよこれから東京に修行に行きます。
それまでにも、家では毎日のようにお蕎麦を打ってきました。

また、帰ってきてからも地元で修行をして、お店を開けるようにします。
うちの、お蕎麦やおつゆはほんとうにおいしいんですよ。


お店もほぼ出来ました。
厨房器具も入りました。
お店 店 厨房



そして、ヒデキ君もブログを始めました。
「信じれば道は開ける?そば職人目指して日々修行!」http://blog.livedoor.jp/osoba_ya/
応援してくださいね~。

南九州へ(2)

3日目は焼酎工場、仙厳園、屋久杉工場、知覧、をまわり指宿温泉泊まりです。
仙厳園は島津家の歴史がいっぱい見られました。
宣言園   特攻会館 とこしえに

知覧では武家屋敷群の生垣、石垣のお庭を見ました。
ここは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

そのあと、特攻平和会館に行きました。
爆弾を積み、往きだけの燃料で沖縄の空に飛んだ特攻隊員の家族や恋人にあてた手紙、遺書などが展示されていました。

ガイドさんから特攻おばさん、鳥浜とめさんとのお話を聞きました。
胸が張り裂ける思いでした。
もう、ぜったいこのような戦争は起こらないことを祈りました。
開門岳美しい開聞岳です。特攻隊員はこの開聞岳をぐるりと一回りしてお別れを言って沖縄の空に向かったそうです。




最後の夜は指宿温泉です。
指宿では砂むし温泉を体験しました。
10分ほど砂に埋もれて、暑くなった体がとても気持ちがよく、疲れを取ってくれました。
砂むし温泉 指宿1 指宿

朝の指宿の海岸です。太陽が昇り今日もいいお天気です。
今日で、この九州ともお別れです。
今日はさつまあげの工場を見学して、お昼の便で札幌への帰路に着きます。
さつまあげ

お土産はいろいろありますが、宮崎のかぼちゃの漬物は有名らしく、おいしかったので買いました。
宮崎のお土産には知事の顔がこんな風に描かれているものが多いです。
鹿児島はなんといっても「さつまあげ」ですね。

長かったようで、短かったとても楽しい旅行でした。

南九州へ(1)

いつまでも暖かくならない北海道を抜け出し、南九州への旅行を楽しんできました。
一行40名の大所帯です。

鹿児島空港に到着すると、外国へでも行った風景に心浮き浮きです。
フェニックス、やし類がたくさん生育しています。

まず、青島神社に行きその日は青島温泉に。
青島神宮 鬼の洗濯板 青島神社

この神社は、海幸、山幸の伝説で知られる山幸彦とその妻豊玉姫と塩土の翁の三神を祀る神社です。
周囲1kmほどの島に天然記念物の椰子科の植物「ビロー樹」5千本が自生していて、南国ムードがいっぱいです。
周囲は海の侵食により岩が洗濯板のようにきれいな模様を形作っています。鬼の洗濯板と名前がつけられていました。

2日目は鵜戸神宮、日南の小京都といわれる飫肥(おび散策、関之尾の滝、黒酢工場、霧島神宮と盛りだくさんの行程です。
鵜戸神宮1 鵜戸神宮 鵜戸神宮2


飫肥1 飫肥1 飫肥2

伊東家の飫肥城跡(おびじょうあと)は、大手門、松尾の丸、小村寿太郎生家などや武家屋敷があり、江戸時代にタイムスリップしたようです。
旧本丸跡は杉林があり、NHK朝ドラの「わかば」の撮影に使われたところだそうです。
飫肥3 関之尾の滝 関之尾の滝1

マイナスイオンたっぷりの関之尾の滝を散策しました。
途中、つり橋が揺れて、みんなでキャーキャー言いながらスリル満点でした。
霧島神宮 霧島神宮1

霧島神宮です。見上げた樹齢七百年のみごとな老杉です。

たくさんの観光、神宮の階段などを歩いて、足のふくらはぎが痛くて、
その日は霧島温泉でゆっくりと疲れをとりました。

今日はどろどろ

以前に買ったドッグランの回数券がまだ残っているので、週1回か2回ドッグランに通っています。
雪の山と、柵の近辺の解けて芝生の出ているところ、があってドロドロ状態です。
ドッグラン ドッグラン1 ドッグラン2

ボルゾイ フレンチブル、ポメラニアン、ミニチュアダックス、シェルティー、チワワ、ビーグル、バーニーズ等々。
たくさんのワンちゃん達が来ていたけど、写真が撮れなかった。

アンジーも麿も走り回って、ドロドロ!
水たまりに突っ込むので、アンジーなんか顔までハネが上がって、しみが出来ちゃった。
そんな年でもないのにね。

帰ったら、お風呂場に直行!
体全体をシャンプーです。
しばらくシャンプーしてなかったので、麿は黒とグレーになっていた。
ほんとに、さっぱり! 麿の白が輝いているよ。
アンジーもふかふかになって。
でも、まだまだ、こんな状態が続くのですぐ汚くなるのだろうな~。
ふかふか   まっしろ


このところ運動しているからみんなスリムになったよ。
ちゃんと、ウエストのくびれがあるし、これでアンジーのストレスも解消!

おやつ*動画*

雪解けも進み、道がドロドロでお散歩は大変です。
帰ってくるたびに足やお腹をシャワーします。
特に麿はお腹もドロドロでお風呂場までかかえて・・・。
重い!重い!!

お散歩の後は、ベッドと一緒に買っておいた、牛さんの骨だよ。
家では初めてです。
麿はすぐかじりついたけど、アンジーはなんだろうとずーっと私の顔を見て待っていました。



さすがアンジーは大きな歯で噛み砕いて、小さくして食べてるよ。
骨にはいっぱい血がついて、すごい!



麿君、なかなか噛み砕けません。
なめなめばかりです。
アンジーの小さなかけらをあげたら美味しそうに食べていました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。