夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年12月
ARCHIVE ≫ 2009年12月
      

≪ 前月 |  2009年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

肥満細胞腫・・②

12月17日(木)・・昨日に引き続いて、すぐに手術となり、朝アンジーを連れて北大まで。
この日も、まお母さんが一緒に行ってくれて、不安な気持ちが話をしていると、少し楽になります。

アンジーは午後から2番目の手術になり朝、先生にお預けして、家に帰りました。
終わるのは、6時か7時ということで、連絡が来ることになっていました。

家に帰っても、落ち着かず、どこへ行くにも携帯を持って歩きました。
しかし、6時になっても電話はないし、7時になってもまだ。
8時を過ぎても、9時になっても、え~~。
この気持ちは言いようもないものでした。

9時過ぎにやっと手術が無事終わったと、連絡が入り、ガタガタと体から力がぬけるような~。
痛がっているから、痛み止めの点滴をするという事。
そうだよね、大手術だものね。


12月18日(金)・・夜6時にアンジーを迎えに行きました。お腹、腰、足の腿あたり包帯でグルグル巻きです。
アンジーよく頑張ってね。
アンジーは私の体に顔を押しつけて、ヒーヒー泣いていました。

あまり尻尾を振ったら、良くないと先生に言われていたけど、振ってたよね。
私、押さえていたけれど、それも嬉しくて嬉しくて~。
お腹には、プラスティックの管(ドレーンというそうです)を入れ、手術の後の液を出すために包帯が巻かれていました。
その、ガーゼは家で取り換えるために、仕方を教えてもらいました。

取った細胞はこれから検査するそうで、それによって、これからの方針を決めるとのことでした。

dore houtai

ガーゼの取り換え方を教えてもらいました。        家に帰ってきたアンジーです。


12月21日(月)~27日(日)7日間は毎日、祭日も土日も北大に通いました。
傷の様子、液が出ている様子など、見てくれています。
お休みにも関わらず、とてもありがたいです。
そして、27日には、ドレーンも抜け、抜糸もできました。
ドレーンを抜くと、まだ出ていない液がたまって、足などがパンパンになるそうですが、それは吸収されるから大丈夫ということです。


12月28日(月)・・きのうです。
手術によってとった、細胞の結果が出て、端っこの方に炎症細胞があるとに事。
癌ではないのだけど、転移、再発にかかわってくるということで、年末年始のお休みはステロイドを飲むことになりました。

やはり、癌だものね。手術だけでは済まないんだね。
休み明けに、今後の方針が出るそうで、一番の大変な時期を乗り越えてきたんだもの。
今後、どんな治療もアンジーと一緒にしていけます。

ステロイドは副作用が暴飲暴食って、誰?のことだか~。
今日もお水をガバガバ飲んで、おしっこがすごい。
1,2時間おきに外に出していますが、たっぷりしています。

この10日間あまり、私にとって、1か月、いや、2,3カ月にも思える長い日々でした。


もうすぐ、今年も終わりです。
手術もでき、少し落ち着いてきて、又来年に備えて、アンジーも私も体を休めておかないとね。


肥満細胞腫
この癌はアンジーの場合しこりがありませんでした。
フワフワと分裂していて、つかみどころのない厄介な癌です。
ワンコの体にいつも触れているとは思いますが、スキンシップがいかに大切か、今回、思いました。
ちょっとでも、おかしいと思ったら病院へ。
具合が悪くなってからでは、手遅れになってしまうこともあります。


長い文を読んでいただいてありがとうございます。


スポンサーサイト

アンジーが肥満細胞腫に~①

長いことブログをお休みしました。

実はアンジーに肥満細胞腫という悪性の腫瘍がみつかり、何も手がつけられないた日々でしたが、落ち着きましたので、UPすることにしました。

12月6日(日)・・夜、歩いているアンジーを見て、あらっ、左の足の付け根(お尻)にちょっとふくらみがあるのを見ました。
触ってみたら、柔らかで、どこかにぶつけて腫れているのかな? それとも水でもたまったのかな?って思っていました。
金曜日はトムの4週目の検査日なので、一緒に診てもらおうと思いましたが、でも念のため、明日病院へいってみよう~と。
asi 顔晴れ

エコーで調べるため毛をそって。             愛はついている心。頑張れは顔晴れ。
                                 友達からいただきました。

12月7日(月)・・M先生も、あらっどこかにぶつけた? それとも水がたまったかな?って。
エコーで見て、水だったら抜きましょうと言って、用意をしました。
エコーを当てても、何も映らず、機械がおかしいのかとなんどもゼリーを塗りなおして試みていましたが、ふと、針を入れさせてもらいますと言って、中の組織を取りました。
すぐ調べて、その場で悪性の癌だとわかりました。
転移があったり、再発したら2,3か月。

大学病院の手術の手続きをした方がいいということになりました。
断脚ということも考えておいたほうがと。
あまりのことに物事が飲み込めないまま、お願いしました。

12月8日(火)・・腫瘍の専門の先生が学会で海外出張だということ。
では、こちらでデーターを出して、帰ってきたら、即外科への手続きができるようにと、もう一度組織を取って、病理研究所へ依頼。

12月11日(金)・・病理研究所からのデータが出て、ステージⅢ、肥満細胞腫が確定しました。
アンジーは、いつもと変わらず元気なのに、知らないところでグルグルとまわっているような~。
北大の予約が16日に取れたこと、M先生もそこの教授のもとで学んだこと、腫瘍の先生はM先生の後輩であることなど、全てとんとん拍子に事が進みました。
でも、私にとっては、16日までのこの時間がとても長く感じました。

12月16日(水)・・午前中に転移の検査です。
リンパ、血液、脾臓、肝臓への転移の検査です。
時間がかかるので、いったん外へ出てはと言われて、お茶を飲みに行きました。
この日は、まお母さんが付いていてくれて、車も運転してくれて、どれだけ心強かったか。
携帯が鳴り、終わったとのこと。
急いで病院へ。受付に行って、でも、なかなか呼ばれません。
あとから考えれば15分程度だったのですが、長く長く感じられ、言葉もなく心臓はドキドキするばかり。

呼ばれて、診察室に~。
転移はないとのこと。手を上げて飛び上がりたい~~~。
でも、真剣に聞いた。
明日、手術をすることに。
この癌はしこりがなく(ある場合もあるが)ふわふわとふくらみの周りに、たくさんあって、どの範囲を取るか、午後からCTスキャンを撮ることに。
5時頃に終わって説明を受けました。
かなり広い範囲でえぐり取らなくてはならなくて、皮膚をつけるのが難しいと、結局、お腹の皮膚を持ってくることになって、特殊な大手術になりますとのことでした。


とても長くなるので、手術のことは②へ





お休み~

事情があって、ブログを少しお休みします。

落ち着きましたら、再開しますので、その時は又よろしくお願いします。angy  パチ



先日、N公園でのアンジーと麿です。
N公園











ペット | Comments (-) | Trackbacks (0)

キジ鍋

キジを半羽いただきました。
私は見ていないのですが、羽が少し付いていたとか~。

お肉になったら、ちょっと赤くて、牛のような感じなんですが、何となく抵抗が~。

キジ鍋

でも、それがとってもおいしかったんです。
淡白で、それでいて、いいだしが出ていて~。


雉鍋
寒い夜は、お鍋に限る~。
アツアツで、体が温まって、おいしかったです。パチ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。