夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年08月
ARCHIVE ≫ 2011年08月
      

≪ 前月 |  2011年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

お客様

茨城から妹一家がお蕎麦を食べにきてくれました。

妹夫婦、息子夫婦と子供、みんなで5人。
お店を始めてから、来たい来たいと言っていたのがやっと実現しました。

まずはお昼におそばを食べて、2時過ぎに支笏湖へ向けて出発です。
途中、オコタンペ湖を上から見下ろし、支笏湖畔へ。

天気がよかったので、きれいでした。
鉄橋
湖畔を散歩してから、ホテルへ。

着いてから、それぞれの部屋へ~。
食事まで時間が少しあったのでのんびりしていました。
が、いつもこんな風にのんびりとした時間を持ってないのでとても退屈で。
アンジーと麿はお友達に預けてきているのでなおさらです。

食事は広間で、このときは食べたり飲んだり、おしゃべりしたり。
長いテーブルが並んでいたので、話は近くの人しか。

食事が終わってから、一部屋で大いにおしゃべりしました。

妹とは6年ぶりで、話に花が咲いたのは言うまでもありません。
子供の頃の話などで盛り上がって、昔に返ったようでした。


次の日はあいにくの雨!

ホテルの前でホテルの前で記念撮影をしてからポロト湖へ。




ポロトコタンのアイヌ民族博物館へ。

おどり
サウンチセ(手前の家)と呼ばれる建物の中の観客席は満員でした。
ツアーのお客さん修学旅行の学生さんや韓国の団体さんなどバスで来た人たちです。
ちょうどお話と踊りが始まるところでした。
以前に来たときは時間が無くて見られなかったので、ラッキーです。
アイヌの楽器の演奏や、古式舞踊などいろいろ見て、最後にイオマンテリムセ(熊の霊送りの踊り)が舞われました。
初めて見る踊りに目を奪われました。
昔のアイヌの人々の生活の様子など少し分かった気がしました。
雨


雨はあがっていたもののどんよりとした雲に覆われて暗い湖です。
でも、踊りを見て気持ちが温かくなって、はるか昔のアイヌの人が忍ばれました。

お土産屋さんを覗いてから、苫小牧のウトナイ湖に行き、道の駅で昼食をとりました。
白鳥の時期ではないので、寂しい感じがしました。

ここから、妹たちと私は空港へ向かいました。

息子一家は富良野へ行くそうで、ここでお別れです。

早めに着いたので飛行機を見ながらお茶を飲みました。

長い間待っていたのに、2日間はあっという間に終わってしまいます。
またの逢える日を約束して、お別れしました。

ずーっと運転で疲れたけどとても楽しい時間をすごしました。







スポンサーサイト

ロール白菜

立派な白菜を友達にいただきました。
はくさい




漬物にしたり、おひたしにしたりしましたが、コトコト煮込んでロール白菜を作りました。
ちょっと洋風にコンソメ味で~。
この暑いさなかに~。
ロールはくさい
アツアツの白菜をクーラーのきいた部屋でいただきました。





またまた収穫

この時期収穫が多い我が家、と言ってもあとブルーベリーだけでなのですが。
今年は梅と同様に実がとっても大きいです。

大きい  食べる

3本ある木のうち、今日は1本の木の収穫をしました。
もう、1本はまだ薄いグリーンです。
1本は今年のできは良くないです。

アンジーと麿は木に生っている実は決して食べません。
私が取っている時落ちたものは、競争して食べます。
おりこうさんだから、初物だよ~。

おいしそう  ひろおう
おいしそうだね~。
アンジーは落ちているのを夢中で探しています。




今日は750グラム取れました。

1回目


冷凍しておいて、砂糖で煮たり、ソースにしたりします。

まだ、色づいてないものが半分以上あるので、楽しみ!





今年も梅ジャム作り

去年、たくさん取れた梅がなんと今年もいっぱい実が付きました。
一年おきっていいますが、毎年豊作です。

ume
今年の梅は大きくて立派です。
2,8キロ取れました。
粒もそろっていて、落ちる前に取ったのできれいです。

梅ジャム  煮る
3回ほど水を捨ててゆでて、少し軟らかくなったところで種を取りはずします。
甘酸っぱい梅の香りがキッチンに広がります。
細かく刻んでお砂糖を3回に分けて入れ、コトコトと煮詰めて出来上がりです。

ジャム
お砂糖を三温糖と白砂糖と分けて作ってみました。
三温糖のほうがこくがあるみたいです。

じっくり煮込みすぎて硬いジャムになりました。

私はどちらかというと、とろっとしたソースのようなのが好きです。

甘酸っぱくて、ちょっとほろ苦い梅ジャムを当分楽しめます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。