夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年07月
ARCHIVE ≫ 2012年07月
      

≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

満開のラベンダー

麿がお星様になってから1ヶ月が経ちました。
この1ヶ月、趣味で外出することもなく、家の中には麿の姿があちこちに見えて、そのたびに涙です。


少し体を動かさないと、立ち直れないような感じがして今日はジムを見てきました。



先日、富良野にラベンダーを見に行ってきました。
花々が咲き乱れるとても良い季節になったのに、何処へも行かなかったので、アンジーのためにも私のためにもと思い切って行ってきました。

あれから、初めての遠出です。

毎年富良野美瑛には秋に行っていて、ラベンダーの季節にはここ2、3年はご無沙汰でした。

シーズンなので家を7時前に出ました。
おかげで富田ファームに9時に着き、駐車場もスムーズに入れました。
ラベンダーの紫の絨毯が見事です。
富良野1
丘の上から富良野の町が見えます。
よく晴れていてとても暑い日です。

富良野
こうして写真を撮ると麿が横に居ないのが不思議なような~。
どうして麿は隣に座っていないのだろうと・・・・。
まだまだそんなことを思う日々です。

アンジーは張り切ってかなり長く歩きました。
久々でうれしかったのでしょう。

富良野は山々に囲まれている為に、北海道でも気温の高い所です。
夕方雨の予報なのでとても蒸し暑いです。
富良野3  富良野5
白いお花が一面に咲いて、さわやか。


昼食をワンコと一緒にとれるテラスのあるレストランを予定していたのですが、暑すぎて熱中症になりそうなので、富良野バーガーを買って車の中で食べました。
ボリューム満点でとっても美味しかった!
こんな機会でもなかったら食べられなかったので、アンジーに感謝です。

新しく出来た六花亭に寄って、ワイン工房で買い物をして、かなやま湖へ。

かなやま湖
展望台からの眺めです。

かなやま湖1
そして、アンジーの大好きな湖畔へ~。
得意の泳ぎで~、暑いから気持ちいいね。

帰りは道東自動車道で。
由仁のパーキングエリアにドッグランを発見。

由仁  由仁1
アンジーは疲れていたので走らず、におい嗅ぎばかり。
でも車から降りて、気分転換。


久しぶりの遠出に人間もワンコも疲れたけど、楽しかったね~。








スポンサーサイト

麿、ありがとう

6月28日(木曜日)午前11時34分、麿は天国へ旅立っていきました。



・・・・・・・・・・・
前の日27日は朝ごはんを残しました。
大好きな牛乳やヨーグルトは3、4日前から食べなくなっていました、がご飯は全部食べていました。
カートで公園に行っても、歩きもせずただフセをして眺めているだけでした。
それでも、家に居るよりいい顔をしています。

その日は友達が来てくれていましたが、鼻血が出ました。
右鼻も血で詰まっているとは先生から言われていましたが、鼻水は出ても鼻血が出るのは初めてでした。

夕飯は半分以上残して!
悲しい思いでいっぱいでした。
お散歩はアンジーを先に済ませ帰ってくると、玄関で待っていました。

カートに乗って公園まで。
ぜんぜん動きません。
「おしっこしようか~」ってちょっと起こすと2,3歩歩いて、しました。
うんちが朝から出ていなかったので、ちょっとカートで移動して促していたら、大量の血が!!止まりません。
足も胸も真っ赤になって。

急いで家に帰ったのですがポトポト…と、とまりません
少し落ち着いて、玄関にくっついていましたが夜になってみんなが眠る頃、息苦しくて大きな音を立てて呼吸をしていました。
奥にできた腫瘍が大きくなってのどを圧迫して、鼻は血でつまり、のどには大きくなったリンパがふさぎ。
苦しくて苦しくて~、でも泣き声もだしません。
朝方まで続きましたが、疲れて静かになりました。
私も少し休みました。
そして、11時34分に静かに息が止まりました。

麿、お疲れ様。楽になってよかったね。


眠る お骨
すぐに友達が駆けつけてくれて、お花の中に麿はいます。
次の日の午後、近くの動物霊堂にて火葬をしてもらいました。  


たくさんのお花
日に日にお花が届きました。
ありがとうございました。。
お花に添えられたメッセージを見て今又、涙です。



1ヶ月か2ヶ月かといわれてきた麿ですが、3ヶ月頑張ってきました。
元気なうちにと、楽しいこともいっぱいしました。

その間、多くの皆様からお見舞い、励ましをいただきました。
私自身どんなに心強かったか、ほんとうにありがとうございました。


今は苦しさから開放されて、元のハンサムな麿になって、パパやトムと楽しくすごしている事でしょう。
麿が家の子でよかった。
楽しい思い出をいっぱい残してくれて。

麿、ありがとう~。そして支えてくださった皆さん、ありがとうございました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。