夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOPスポンサー広告 ≫ マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことTOPペット ≫ マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー

3月末から、上映されていたこの映画を、見たい見たいと思いながらも、ほんとうに忙しくて行けませんでした。
やっと、今日、見てきました。

この本を読んだのが、2年ぐらい前だったかしら~。
とても感動しました。

日本の犬に対する考え方とはちょっと違っていました。
子育てにまだ不安がある若い夫婦が、犬を育てみようとラブを買うのですが~。

ラブを飼っている人なら、わかると思いますが、とんでもないいたずらと、おバカさんにあきれることですね。

マーリーと共に成長していく子供たち。
夫婦のあり方など、日常の様子が映画に映し出せれ、自分の中に自然に入ってきました。


本を読んだ後で、映画を見るといつもがっかりさせられるのですが、なんだか想像していた通りで、とっても爽やかな気持ちになりました。

そして、マーリーが年老いてゆく様子が、家のアンジーと重なって、とっても切なく感じました。
もう、早く歩けないアンジー、すぐ疲れるアンジー、二階から下りてくる時の顔はもう、若くはない~。

いずれは、と思うと悲しくなります。
犬は、特に大型犬は早く年老いていきます。

アンジーも9才。
家族の一員として、健康で楽しく過ごさせてあげたいと、改めて思うのです。





スポンサーサイト

Comment

編集
私も観たかったんですが・・・
なかなか行けません。
レンタルを待つしかないかな?
でもラブの映画なんて・・ぜったいに大泣きしてしまいます・・
やっぱり家で観た方がよさそうですね。
同じ時をずっと一緒に過ごしてきたのに
同じ早さで年を重ねていけないなんて悲しすぎますね。
2009年05月14日(Thu) 19:25
編集
v-3マロプリサさんへ[
マロプリサさんには是非見てほしいです。v-416

ラブを飼っている人しかわからない、ラブのおバカさ、大きさ、そして賢さが映像に現れて、とってもおかしくて声をあげて笑っちゃうのですが、そこに切なさが伝わるのです。v-286
だから、おかしいのに涙が出ちゃう。

是非、DVDを借りてみてね。v-52
2009年05月14日(Thu) 23:18
編集
やっぱり観た方がいいですか?
この手のものって絶対に最後がね・・・・・
もう考えただけで、、、観る勇気がなくなって来ちゃうわw。
少し前ベンジーの大冒険?っての観たけど凄く良かった〜
でもやっぱり切なくて。
DVD借りて観ようかな、マーリー。

大型犬は短命と言われますよね。
アンジーちゃんとの1年1年、いえ1日1日を大切にしなくてはいけないと改めて感じてしまいますね。
楽しい時間をたくさん〜過ごして下さい。
あっ!マロたんも。
2009年05月16日(Sat) 06:57
編集
v-3らむママさんへ
うん、観たほうがいいと思いますよ。
とっても面白いんですが、家にはラブがいるので、あのおバカぶりも、笑いながらも、涙がでちゃうんです。
そう、やっぱり最後はう〜ん、

私は、本になっているものはあんまり映画に期待しないんですが、映像ってまたいいなぁ〜って思いました。
でも、やっぱり切ないから、自信がなかったら、観ない方がいいのかもv-356
2009年05月16日(Sat) 21:18
編集
アンまろさん
私も観てみたいと思いつつ、行けていません。
映画を観た友人達は、誰しも「よい映画だったよ」と言います。可笑しくて切なくて愛らしくて・・・。

近所にはゴールデンの友達が沢山いますが、ラブに似た性格よね^^

もし良ければ今度、本の貸しやっこをしませんか?
マーリー、読んでみたいです。
2009年05月17日(Sun) 23:59
編集
v-3kettymamaさんへ
やっぱり本は一番いいです。
読んでて、想像するものね。
映画を観るとがっかりするのは、本よりは詳しくないし、想像していたのとはかけ離れていることです。
これは、個人差があるのでなんとも言えないけど。
マ^リーは想像していたとおりだったんです。

私、本ね、ちょうどコーギーを飼っている人に赤ちゃんが生まれたの。
絶対この本は読んで欲しいと思って、プレゼントしちゃったので今手元にはないんですよ。
ごめんね。
21日のこと日記にコメント入れました。
行けたら一緒に行きましょう。
2009年05月18日(Mon) 10:19
編集
我が家もチロリさんの事があるし、あと数年したらミロリさん・・
そう思うと切ないですよ。

最近のチロリさんは特にね。
チロリさんの若いときは、娘の良き妹として傍にいてくれましたし、
その前のナナには、家の二人の子供達を育てて貰ったような感じです。
今はその恩返しに出来るだけ、世話をしてあげるつもりです。
2009年05月18日(Mon) 21:04
編集
v-3りりやんママさんへ
ワンって、子供が育って行くのと一緒に成長していくのですね。
そうして、大人になった子は情緒豊かな人間になるのです。
ほんとうにワンコって素晴らしい〜。v-354

りりやんママさんの言うように、一生世話をしてあげなくてはね。
そのためには私たちが健康でいなくてはね。
2009年05月19日(Tue) 00:31
編集
ご無沙汰しています。
ケン家も、この映画を見ましたね。
とっても楽しく見させてもらいました。
一生のお話なので、最後は悲しいお別れでしたね。
映画館の中で、すすり泣いている人もいましたね。
犬飼には、考えさせられる映画ですね。
ケンママも、ジョン・クローガン氏の「マーリー」や「ダメ犬だからおもしろい」の本を借りてきて読んでましたね。
アンジーちゃんも、9歳なんですね。
また一緒に遊べれたらいいな〜!
2009年05月20日(Wed) 05:42
編集
ご無沙汰しています
アンジーちゃんや磨くんとのあったかい暮らし
ほのぼのと私も癒されます
愛のある暮らし 大切ですね
子供たちにも動物との触れ合いの中から
命の大切さを教えてあげたいものです
2009年05月20日(Wed) 08:03
編集
v-3ケンパパさんへ
お久しぶりです。
忙しくしていて、やっと観ることができました。
ラブってダメ犬なんですよ。
麿なんかよりよっぽど子供だし、そこがなんとも言えないところでもあるんですが〜。
ケンちゃんも、ディスクに励んでいることでしょう。
又遊びたいですね。v-222

v-3ひーちゃんへ
忙しいのによく来てくれました。
私もとても忙しかったんですが、ひーちゃんの写真にはとても心が和みました。
子供の情操教育には動物を育てるって、とてもいいことだと思います。
やさしい心が芽生えますものね。
ひーちゃんも、がんばってください。
2009年05月20日(Wed) 19:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。