夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOPスポンサー広告 ≫ ネコの砂を・・・TOPペット ≫ ネコの砂を・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ネコの砂を・・・

おとといの火曜日、お店はお休み、それぞれ出かけて家には動物だけになりました。
こんなことは珍しくないけどね。

夕方帰って、ワン達にご飯をあげてから散歩をすませ、家に入ろうとした時アンジーが食べた物を少し吐きました。

あまり気にもしなかったのですが、それから何回も吐き出して、フードに混じってネコの砂らしきものが~。
それでも、たまに落ちているものを食べたりしているので、又食べたのね~っていう気持ちで~。

でも、それからは軽い気持ちではいられなくなりました。
何度も何度も吐いて、だんだんフードを吐き切ってしまって、今度はグリーン(お茶が入っている砂)のネコ砂になりました。

数えていたわけじゃないのですが、何十回もです。

いよいよおかしいと思って夜間動物病院へ電話をしたら、連れてくるようにと言われまそた。
その時夜の12時。

1時前に病院へ到着して、レントゲンを撮ったら、胃が2倍にも膨れていて、砂が固まっているのではと~。
全身麻酔で管を入れ胃の洗浄をして、もし出なかったら、手術になるって・・・。

脱水症状を起こしているので、まずは点滴を30分してから始めますと言われました。
歳をとっているので、麻酔も心配だったし、洗浄しても出なかったらと不安でたまらなかったです。

胃洗浄が終わって、出したバケツ2杯のグレーの水と砂がなんとも恐ろしく感じられました。
そして、綺麗な胃の様子を見せてくれました。

口を大きく開けさせられて、管が入れられて、びくとも動かないアンジーを見ると涙が出そうになりました。
よく頑張ったね!って。


家に帰ってきたのが朝の5時半。
留置針

一安心ですが、朝一に掛かり付けの病院へ行くように言われていたので、ちょっと横になって又病院へ。



いつも病院大好きなアンジーなのに、元気がなく辛そうです。
それでも尻尾だけ振って、みんなに愛想をふりまいていました。

点滴をして、薬をもらって、食事の缶詰をもらって帰ってきました。

その日はもちろんご飯は食べられません。
麿にあげているとき、一応付いてくるのですが、今日はダメだよというと、すごすごと自分の寝床へ帰っていきます。

缶詰  缶詰1
1回に食べられる量はたった4分の1です。
明日からです。


   ・・・・・・・・・・・・・・
そして、今日、又点滴をしに病院へ。
今日、足の留置針が抜けました。

ご飯の缶詰を食べて、もっと食べたそう。
本来の、とはいかないけど、食いしん坊が頭をもたげて~。
それでも、もうないと思ったら満足したような感じです。

いつものように普通のご飯が食べられるのは3、4日後です。


でも、本当によかった。
手術にならなくて。
いままで、食べたことのないネコの砂。
なんの拍子にこんなことになってしまったのか? わからない!

した事がないからと行って油断はしてはいけないのです。
やっぱり、ワンコなのかな~?

ネコの砂のある場所には、行かれないようにしなくてはいけないので、柵でも置かなくてはなりません。

油断は禁物です







スポンサーサイト

Comment

びっくりしました
編集
アンジーちゃん 大変でしたね
猫の砂 何処で食べたのでしょう
どうしてこんなことになったのでしょうね
一人でお留守番の時? 散歩の時は一緒ですよね
腕のいいお医者様でよかったです
胃に優しい食べ物を少しずつ
早く元気になってくれるといいですね
外は寒い しばらくお家の中ですね
2010年12月02日(Thu) 20:19
編集
v-3ひーちゃんへ
ネコの砂(トイレ)は目のつくところにあって、おしっこなどしたら固まってトイレに流すようになっているんです。
だから、アンジーもそこには行けるです。
で、その時人間は誰もいなくて、ワン2頭、とネコ2匹がいました。
いつもそんな状態で置いてあるのに、食べることはなかったんです。
その砂(小さな木の破片のようなもの)が、トイレから一粒とかこぼれているときは食べたりはしていたんですが。
でも、トイレに首を突っ込んで食べるなんて考えられないことなんです。
いままで、絶対なかったことなのです。
びっくりです。

だんだん元気になっているので安心してください。
心配してくれてありがとう。
2010年12月02日(Thu) 23:16
編集
今まで無かったのになんで大量に食べちゃったんでしょうね?
けど、手術とかにならなくて良かった。
今年はアンジーちゃんにとって厄年かな?(><)
早くいつもの調子に戻ることを祈ってます!
お大事に!!
2010年12月03日(Fri) 13:45
編集
アンジーちゃん大変だったね・・・
でも手術にならなくてよかった。。

我が家の猫トイレは扉付きで
サリーが顔を突っ込めないようにしてますが
閉め忘れた時 サリーも食べてました。。
ただ我が家のは 固まるタイプではないので
ウン○といっしょに出てました。
今から猫砂を変えるのもかわいそうかな・・・?

アンジーちゃんお留守番に抗議したかったのかな??
(サリーは食いしん坊なだけだけど・・)
2010年12月03日(Fri) 15:34
編集
v-3akさんへ
落ちている砂は、ひとつ二つ食べていたんですがね。
どうしてでしょう〜。
そんなに大量に食べた気配はないのですが、首を突っ込んで食べたのでしょうし、水を含んで大きくなるし。

砂と言ってもも木でできているし、公園なんかでも木片はバリバリ食べるし。
ラブってこんな犬種なんです。
12月はアンジーにとって、最悪の月です。
今年で終わればいいな〜。

v-3マロプリサさんへ
扉付きはいいね。
いままでいろいろな砂を試してきたんですが、これが一番よかったのでずーっと使っていました。
固まるしトイレに流せるし、お茶の香りなので臭いもしないし〜と、これ、全部アンジーにとっては食べたい感じなのかな?

でも、首を突っ込んで食べたのって始めてなんです。
サリーちゃんも食べるのなら、やっぱりラブはいたずら好きだし、食いしん坊なんですね。

何を考えているのか、聞いてみたいです。
2010年12月03日(Fri) 18:45
こんばんは。
編集
アンちゃん 大変でしたね(T_T)
翌日まで様子みず病院行ったのが よかったね。

にしても 怖いね。
なにか食欲そそりそうな 匂いしてたのかしら…
ラヴもしかねないから怖い…

まだ食事制限中かしら…
元気復活 はよ しますようにϵ( 'Θ' )϶
2010年12月03日(Fri) 18:53
編集
v-3ら〜まさんへ
この砂といっても木なんだよね。
それにお茶の香りがするので、それでなくても木は好きなんだよね。
公園でも落ちている枝なんか、バリバリ食べている。

でも、落ちているひとつふたつは食べているけど、こんなに食べたのは初めて〜。
私たちがいなくても食べたりしなかったんです。
何なのかわからない!

あと、2日ばかり少しずつ4回に分けてしかも1日分は食べられないです。
ラブちゃんはないと思うけど、この犬種はいたずらと食いしん坊はお得意だから。
2010年12月03日(Fri) 19:15
ひぃぃぃ
編集
そんなことが・・・大変でしたね。
でも大事にいたらなくって本当に良かった。
朝5時半までがんばった甲斐がありましたね!

うちも猫砂を遊んで食べたがるので
犬の行けない所に猫トイレを置きました。

アンジーちゃん
はやく元気になってね!
2010年12月03日(Fri) 23:30
編集
v-3のぞさんへ
信じられないことでした。
ネコの砂は木なのとお茶の香りなので、美味しそうなんですが、落ちていると一粒二粒食べるんですが、トイレに顔をつけて食べることなんか、この10年間になかったことなのです。

ラブのすることは信じてはいけないとつくづく感じました。
うんうん犬の行けないところにトイレをね、賢明です〜。
まだ2日間はいつもの半分を4回に分けて、ふやかしてのご飯です。
2010年12月04日(Sat) 00:08
編集
あらマァ〜大変、お疲れさまでした。
ママさんハラハラドキドキでしたねぇ。

手術にならなくて、ホント良かったです。
年を取るとやはり麻酔は心配ですが、この場合は仕方が無かったですね。

今までしなかったことなのに、何故なのか・・・不思議ですね。
2010年12月04日(Sat) 22:53
編集
v-3りりやんママさんへ
今でこそ、笑って話せるのですが、その時は心配で心配で〜。
夜間病院が4年前にできたのは知っていたのですが、利用するとは。
でも、とても助かりました。

ラブはおバカさんなんです。
その点、麿の方がよっぽど大人ですよ。
本当に犬の気持ちはわかりません。
2010年12月04日(Sat) 23:39
お大事に
編集
もぅびっくりハラハラしました。
手術にならなくて本当に良かったですね。

美味しそうに見えたのかしら?
退屈しのぎだったのかなぁ
こんな時、アンちゃんに聞けるとよいのにね。

昨年の12月も大変でしたものね。
だんだん元気になっているとの事ですので、ホッとしました。
2010年12月05日(Sun) 10:55
編集
v-3kettymamaさんへ
本当にびっくりしました。
あまり車も通らない12時過ぎに気遣いながら走らせていましたよ。
夜間病院はずいぶん患者さんが来るものです。
動物のためにこういう病院ができたのはいいことだと思います。

アンジーに聞けるものなら聞いてみたいですよ。
明日あたりからいつものフードに戻りますが、量はもう少し我慢で少なめにします。

そうそう、12月はねぇぇ〜。
2010年12月05日(Sun) 16:46
大変でしたね。
編集
アンジーちゃん大変でしたね。
でも手術にならなくて良かったですね。
そして順調に回復しているとの事、安心しました。
「どうして?」って考えたって起こってしまったものはどうしようもありません。
今後こんな事がないようにするしかないですもんね。
うちもらむが1歳の時、湿布薬を飲みこんで(食べて)しまって大変な事になったんです。
それ以来、湿布薬の取り扱いには注意するように家族にきつく言ってあります。

色々な事がありますが
落ち込まずに元気に頑張りましょうね♪
2010年12月06日(Mon) 22:57
編集
v-3らむママさんへ
ワンは回復が早いですね。
でも、悪くなる時も早い。
しかも分からないうちに〜。

らむちゃんも大変なことがあったんですね。
あまりどうしてということにこだわっていてはいけないですね。
そういう動物だと思って、危険のないように考えるのが飼い主ですね。

本当に去年の暮れからいろいろありました。
らむママさんのところもね〜。
私は、これから忙しくなるので、体調整えてがんばらなくては〜。
ありがとうございます。

2010年12月07日(Tue) 18:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。