夕日ヶ丘3番地 たのしい仲間たち

ラブラドールのアンジー、コーギーカーディガンの琴との生活。
TOPスポンサー広告 ≫ トム、ありがとうTOPペット ≫ トム、ありがとう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

トム、ありがとう

具合の悪かったトムがなが~いなが~い猫生を終えました。
19才と5ヶ月、一緒に生活をしてきました。

娘たちがまだ学生で、主人が単身赴任で、私は広い家に一人。
ポメのチーコと、トムと、うさぎのラビちゃんが私の癒しでした。。

トムは娘たちの社会人への出発、そして結婚、チーコやラビちゃんがお星様に、主人の死、そしてアンジーと麿との出会いを見てきました。
我が家の歴史そのものです。

7年前、主人が亡くなった時、肝臓が悪くなり1ヶ月間、ご飯は食べない、水は1滴も飲まない状態になって、何とか今通っている獣医さんに救われ、糖尿になったものの元気でここまで過ごしてきました。

肝臓と糖尿は4週間に1度の血液検査で薬やインシュリンの量を決めてきていました。が、癌に侵されていたなんて~。
年齢を重ねてきたので仕方がないことなのでしょうが、4月末に胸にリンパ腫ができているのがわかり、肺がそれによって背中のほうへ押しつぶされ呼吸が困難になりました、
水を抜いてもらって、一時ご飯が食べられるようになったものの、悪くなったらトムのために安楽死をと言われていました。

先週の木曜日ぐらいから食べる量が10粒、5粒と徐々に食べられなくなって、土日は身の置き所のないぐらいに移動して、それでも小さくなった肺で呼吸をして、苦しい顔のひとつも見せなかったのです。

月曜日、覚悟を決めて病院へ~。
麻酔薬で、3時間ほど寝ている間にゆっくりと呼吸が止まる注射をしてもらいました。

車に乗ったときトムは大きな目で私を見、『ありがとう』と言っているようでした。
私も顔を付けて『トム、長い間本当にありがとう。』といって車を走らせました。
家に着く頃は安心して寝ているようでした。

徐々に息をする間隔が長くなって、12時20分に息を引き取りました。

トム、お疲れ様でした。

そして、本当にありがとう。

お星様に
5月30日は、トムとの最後の日になりました。


お星様に1
31日に近くの大松寺で、火葬してもらい、こんな小さくなって帰ってきました。
お友達にお花をいっぱいいただきました。


・・・懐かしい写真です・・・
3才 鳥?
3才の頃。あまり、最近と変わっていないです。
右は雪が積もって、野鳥のえさ台が近くなったので、飛び乗ってパンを横取り!!


木登り
1才の頃です。
木登りが好きで、登るのはいいけど、降りるのがちょっと怖かったよね。






これは、お友達の作ってくれたおもちゃにじゃれています。
なんと、そろそろ18才を迎える時です。


昨日から、おしっこを採って血糖値を見なくて良くなり、インシュリンの注射の時間も気にしなくて良くなり、4種類もの薬を飲ませなくて良くなり、気持ちも楽になって・・・・。
時間があるからいろんな事できるのに・・・。
でも、何もできない・・・。

アンジーや麿がいるのに、寂しい~。



スポンサーサイト

Comment

どうか安らかに・・・
編集
トムちゃん、お疲れ様でした。
19年もの長い間、アンまろさんの傍で楽しいこと嬉しいこと時には悲しいこともともに見てきてくれたんですね。
トムちゃんがこれほど長生きできたのはトムちゃんの頑張りもあるけど、アンまろさんの惜しみない愛情があったからだと思います。
決断するのはとっても辛いことだったと思うけどトムちゃんは幸せに旅立ったと思います。

直ぐには無理かと思いますが、どうか元気を出してください。
アンまろさんが元気じゃないと、アンジーちゃんも麿君も心配しますよ。

関東は梅雨に入り、とても寒いです。
北海道もまだ気温が低いかと思います。風邪など引かないようにお体気をつけてくださいね!

2011年06月02日(Thu) 09:27
トムちゃん安らかに
編集
トムちゃん 
懐かしい大好きなお父さんと再会できましたか?
お空でいっぱい遊んでもらってね☆
そしてお空からずっと見ていてね。

最期のお別れは本当に辛いですね。
大きな瞳できっと‘おかあさんいっぱい愛をありがとう’って伝えたんですね。
娘さんやお父様との毎日 どんなに楽しかったことでしょう。
トムちゃんはみんなの心の中でいつまでも生き続けてます☆

アンまろさん少しずつ元気になってくださいね!
柄がそっくりなアトムも 遠くから見守ってますから・・

2011年06月02日(Thu) 13:11
編集
v-3akさんへ
長いコメントありがとう。
いつも、そんなに存在感があったわけじゃないのが、いなくなって余計寂しいものです。
アンジーや麿のように自分をアピールしないし。

改めて、トムは偉大な存在だったと気がつきました。
ま、昼間は元気なんだけど、夜になるといろいろどうしても考えちゃって~。
徐々に元に戻るようにするからね、大丈夫だよ。

こっちも寒いですよ。
先週一日だけ暑い日があったけど。
梅雨の時期って寒いの?
蒸し暑いと思ったけど、気温が低いんだね。
おかしな陽気だね。
akさん、寒がりだから風邪引かないようにね。


2011年06月02日(Thu) 14:52
編集
v-3マロプリサさんへ
トムも楽になって、今はパパやワンのチーコ達と会っているかもしれません。
トムが家に来たとき、チーコがお母さんと思えたのか、顔をふわふわ毛の中にうずめてましたから。

トムは齢も齢だし、肝臓の数値もあがっているときがあったりして、覚悟はしていたものの、こんなに早く違う病気で逝くなんて思っても見なかったです。

マロプリサさんもワンちゃんを亡くしているものね。
別れはいつか来るものだから、私達が楽しくしていることがトムにとっても嬉しいことなんですね。

アトム、本当にそっくりだものね。
ニャンコのブログ友はあんまりいないので、マロプリサさんのところへ見に行きますね。
2011年06月02日(Thu) 16:37
編集
トムちゃん お別れ かなしいですね
天の風になって
きっといつまでも見守っていてくれる
それでも 寂しいですね
ずっと一緒に家族の一員として暮してくれたんですね

少しずつ元気を出して下さい
お体大切にしてください
2011年06月02日(Thu) 21:07
編集
v-3ひーちゃんへ
家の動物の中では一番長く一緒にいました。
いつもいるものだと思っているので、あまりかまってもいなかった。(泣)
だから、私の部屋に今いない事が信じられないような~。
亡くなった朝、麿がたんすの上の天井のほうをジーっとみていたのは、きっとそこで私たちを見ていたのだと思う。
元気だよ~って見せてあげなきゃね。

ひーちゃんありがとう。

2011年06月03日(Fri) 17:51
編集
アンまろさん

ビビアンのお礼に伺いましたが
トムちゃんお星様になってしまわれたんですね
なんだかトムちゃんがビビアンの変わりにお星様になってくれたのではと思ってしまいました
トムちゃんのご冥福をお祈りいたします

アンまろさんもお体ご自愛くださいね
アンジーちゃんも麿君も心配していますよ

2011年06月05日(Sun) 16:56
編集
トム君 昇ったのですね…
長い間アンまろ家の歴史を見てきたトム君
これからもずっと空世界から見守ってくれる事でしょう

「命あるもの生まれた瞬間から
死に向かい歩き始める」
とどなたかが言っておられましたが
わかっているものの、自分の回りだけは
いつもでも側に居てくれるような気がするんですよね…

トム君のご冥福をお祈りいたします
2011年06月05日(Sun) 16:58
編集
v-3ビビ母さんへ
ビビアンちゃんが大変なときに、来てくれてありがとう。
ビビちゃん、3度目の輸血が合ったようで、良かったね。
大学病院へは?

そういう病気があるなんて、ちっとも知らなくて、紋母さんのところで知って~。
一回だけビビちゃんと遊んだものね。

トムもとっても生命力の強い子だったけど、ビビちゃんもがんばっているね、あんな小さな体でも大きな力があって、涙が出ますね。
ビビ母さんもお体気をつけて、一緒にがんばって~。



v-3紋母さんへ
19才って大往生だねなどと言ってくれますが、私にとっては、まだまだそばにいてほしいです。
もう、空気のような存在でしたが、毎日2回の注射のときはゴロゴロ言うんです。
痛いより触ってもらうのがうれしいんです。

逝った日、麿は天井に昇っていくトムが見えたんです。
トムはみんなを見ていてくれると思うので、これからも楽しく生きなくちゃ~。



2011年06月06日(Mon) 14:37
編集
今職場から帰ってきてPCを見たら、アンまろさんのブログが既に開いており、トムくんのことを知りました。
たぶんおっちゃんがこなぶんと散歩に行く前に見ており、私に知らせたかったのだと思われます。
19年といえば、ほんとに家の歴史ですよね。
あんまりトムくんのことは知りませんでしたが、元気なときの画像を見ると、やはり胸が詰まります。
ご主人を亡くされてからも、アンまろさんの心の支えであったトムくん、トムくんにとってもきっと幸せな19年だったことと思います。
これからもアンまろさんの心に生き続けて、支えになってくれますとも。
元気出してくださいね。
2011年06月08日(Wed) 19:05
あの頃・・・
編集
あの大きな家におじゃました時にいた、猫ちゃんがトムだったのかしら・・・うさちゃんもいたよね・・・
アンジーママの悲しみがブログから伝わって来て、言葉になりません。
気持ちが落ち着いたら、顔見せて!!
2011年06月08日(Wed) 19:31
編集
v-3のざっぴさんへ
のざっぴさん、ありがとう。
10年一昔っていいますがその倍ですものね。
こんなに長くいた動物はトムだけです。
なので、いるのが普通で、7年間糖尿や肝臓が悪くて、インシュリンを打ったり、薬を飲ませたりするのって日常茶飯事になっていました。
だから、その仕事がなくなってとっても空虚な気持ちで、今は悲しさから抜け出したのですが、毎日なんとなく生きているって感じ。

きっと、私たちを空から見ていると思うので、そろそろ立ち直らなくては~。

v-3ななかまどの京子さんへ
あ~京子さんお久しぶり。
ご無沙汰しています。
そうそう、あの時、トムです。
ウサギもいなくなり、ポメのチーコもいなくなり、トムだけ長生きしてくれました。
振り返ったら、ほんとうにどんなに癒されたか、いるときはそう思わなかったけど。
今でも、ついつい、トムの篭の置いてあったところを見てしまいます。
ありがとう、又お邪魔しますね。

2011年06月08日(Wed) 21:22
編集
トムくんお星様になったんですね。
最後の決断、アンまろさんもお辛かったですね。

私も、はなが亡くなってもうすぐ3ヶ月、ぷーの時もはなの時も
それまで毎日日課のようにしてきた事を、しなくてもよくなる寂しさがとても辛かったです。

19年、楽しい時も辛い時もいつも一緒に側にいて
喜びも悲しみも共に分かち合ってきたんですものね。
大きな存在を亡くしたんですから、簡単に元気になんてなれないですよね。
実は私もまだぷーとはなを亡くした悲しみからちゃんと立ち直れてません。
でも共に過ごした時間が長い分、悲しみも大きいですが
楽しい思い出も沢山残してくれた事に今は感謝してます。
無理せずゆっくりでいいですから一緒に元気になって行きましょうね。

トムくんのご冥福を心よりお祈りします。
2011年06月17日(Fri) 00:30
編集
v-3こなつ母さんへ
こなつ母さん、ありがとう。
19年って本当に長かったです。
その時々のことなど思い出せないことがいっぱいあって、もっとしっかり見ていてあげなかったこと悔やんでいます。
他人は「大往生」」などと言いますが、私にとってはまだ生きられるのに~と思います。
もしかしたら、違う家の動物だったら私もそう言うかもしれません。
自分がこういう思いをしてはじめてわかるものですね。
だから、そういう言葉は絶対に言わないようにと思いました。

こなつ母さんもワンちゃん3頭いるのにと他人は思うかも知れませんが、はなちゃんやぷーちゃんをなくしたときの気持ちがとってもわかります。

少しずつ乗りきっていかなくてはいけませんね。

日常茶飯事に追われて少しずつ忘れているときがありますが、ふっと思ってしまうものですね。
ありがとうございました。
2011年06月20日(Mon) 11:58
元気出して
編集
実家のパソコンからお邪魔してます。

犬や猫と一緒に過ごす時間はとても楽しいけれど
必ずやってくるお別れは本当に辛いですよね。
もうお別れを迎えたくなくてペットはこれ以上飼わないと思ったりします。

とても辛い経験でしたね。
2011年06月24日(Fri) 20:43
編集
v-3]のぞさんへ
お返事とっても遅くなってごめんね。

のぞさんも辛いお別れがあったものね。
何年も一緒に生活して、楽しい事ががいっぱいあったから、今は、それを大事に生きたいと思っています。
ありがとうございます。
2011年07月06日(Wed) 11:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。